会社沿革

1670年代

清水万蔵商店創業。

1970年

清水萬蔵がマンジュ化学株式会社を設立、
グルコマンナンの精製法について世界37力国に特許申請。

1972年

マンジュ化学株式会社を清水化学株式会社に改称、
グルコマンナンの機能性・有効性が実証される。

1973年

健康食品「プロポール®」を開発、厚生省の認可を受ける国内外の学会にて、
有効性が発表され、海外の研究機関による世界的な 研究も始まる。
全国12大学及び病院関係でアルコール製法グルコマンナンが研究試料として認証される。

1982年

清水昌子 代表取締役に就任。各種健康食品の総合的商品開発を開始。

1983年

「アクティブファイバー®」開発。

1985年

健康食品製造・加工設備増設。

1987年

易水溶性グルコマンナン製造法特許申請。
「レオレックス®RS」製造販売開始。

1993年

「レオレックス®RS」製造工場第1次増設。

1995年

「レオレックス®RS」製造工場第2次増設。

1999年

化粧品原料「プロポール®ISLB」「ホワイトプロポールISLB」製造販売開始。

2000年

清水秀樹 代表取締役に就任。
飲料用途「プロポール®フェニックス」製造販売開始。

2006年

低粘性グルコマンナン「レオレックス®LM」製造販売開始。
顆粒タイプ「レオレックス®G」製造販売開始。
グルコマンナンを農薬分野にフロアブル製剤として製造販売開始。

2007年

本社工場、ISO9001:2000 認証取得。
(JQA-QMA13457, THE DESIGN /
DEVELOPMENT AND MANUFACTURE OF GLUCOMANNAN(RHEOLEX®RS SERIES).)

2008年

化粧品グレード各種 ECOCERT認証取得。

2014年

台湾工場、FSSC22000認証取得。